【Spring Boot入門(2)】STSを日本語化してみる

はじめに

Spring Bootの開発環境を整えたのですが、STSが英語で、、、

eclipseベースなのでなんとなく使えるのですが、やっぱり日本語がいい!!!

と思ったので、

本記事ではSpring Boot統合開発環境であるSTSの日本語化手順を説明します。

 

 

 環境

  • OS:OS X 10.11 El Capitan
  • STS:3.8.4.RELEASE

 

前提

以下が完了している前提で説明します。

【Spring Boot入門(1)】開発環境をMacに構築してみる

 

 

STS日本語化手順

STS日本語化は以下の手順で行います。

  1. 日本語化プラグインのダウンロード
  2. プラグインの配置
  3. STS.iniの編集
  4. STSの再起動

 

1.日本語化プラグインのダウンロード

こちらから日本語化プラグインをダウンロードします。

 

ダウンロードしたpleiades.zipを解凍します。

 

2.日本語化プラグインの配置

STS.exeを右クリックし、パッケージの内容を表示します。

1で解凍したpleiadesフォルダ内のplugins、featuresフォルダ内の

jp.sourceforge.mergedoc.pleiadesを、

sts-bundle/STS.exe/Contents/Eclipseフォルダ内の

plugins、featuresフォルダへそれぞれコピーします。

 

3.STS.iniの編集

sts-bundle/STS.exe/Contents/Eclipse/STS.iniファイルを開き、

末尾に以下を追記します。

sts-bundle/STS.exe/Contents/Eclipse/STS.ini
-javaagent:../Eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar

 

4.STSの再起動

sts-bundle/STS.exeからSTSを再起動します。

以上でSTSの日本語化は完了です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください