型落ちしたiPhoneを購入する際に最低限注意したいこととは!?サポートが終了した型落ち機種を使うとなぜ危険??

はじめに

最近、中古スマートフォン市場において型落ちしたiPhoneが人気です。

僕自身、中古のiPhoneを購入して格安SIMを使って毎月のスマホ通信費980円で抑える方ようにしています。

(今はAndroidをお試しで購入してちょっと後悔しているところですが、、、)

 

ただ、、、、

型落ちしたiPhoneを選ぶ際、例えば「スペックが良い」「最安」という理由だけで購入するのはやめておきましょう。

この記事では型落ちしたiPhoneを購入するさいに最低限注意してほしい(僕が注意している)ポイントについてまとめました。

 

 

型落ちしたiPhoneのサポート期間について

iPhone機種のサポート終了とは??

iPhoneの型落ちした機種によっては最新のOSにアップデートできないものがあります。

例えば、

2022年1月12日現在iPhone6は最新のiOS15.2にアップデートできません。

このように型落ちして、なおかつiOSの最新バージョンへアップデートができない機種(例で言うとiPhone6)はサポートを終了している状態と言うことになります。

 

MEMO

iPhone6の修理サポートはまだ継続している。とか保証期間がまだ終わってない。とかとかあるかもしれませんが、

iOSの最新バージョンへのアップデートができない危険な状態はもうサポート終了と捉えるべきでしょう。(と僕は思ってます)

 

型落ちしてサポート終了したiPhoneを使い続けるのはなぜ危険なの??

例えばiOS15.2ではセキュリティパッチの1つとしてこのような対応がされています。

Password Manager

対象となるデバイス:iPhone 6s 以降、iPad Pro (すべてのモデル)、iPad Air 2 以降、iPad (第 5 世代以降)、iPad mini 4 以降、iPod touch (第 7 世代)

影響:iOS デバイスに物理的にアクセスできる人物が、保存済みのパスワードに認証不要でアクセスできる可能性がある。

説明:ステート管理を改善し、ユーザインターフェイス不一致の脆弱性に対処しました。

CVE-2021-30948:Patrick Glogner 氏

出典:iOS 15.2 および iPadOS 15.2 のセキュリティコンテンツについて

これについてどんな脆弱性(悪意のある人が攻撃できる隙)があって、どう対応したのかを詳しく理解する必要まではないですが、

このような脆弱性があったことをAppleが公開しているということを認識しておく必要はあります。

 

どういうことかというと、

古いiOSのバージョンではこの脆弱性があって、最新iOSがその脆弱性を対応した時点でどんな脆弱性だったかを公開している(悪意のある人に限らずどんな脆弱性だったのか誰でも知ることができる)ということです。

そんな中、最新iOSにアップデートできない機種を使うと言うことはそれだけ危険ということになります。

 

型落ちしたiPhoneの機種毎のサポート期間は??

一般的にiPhoneの機種が発売されてから5年程度でサポートが切れると言われていました。

例えば、iPhone6は2014年に発売されているので2019年(iOS14.3)でサポート終了という感じです。

 

が、、、

最近サポート期間が伸びてるようでAppleも公表していないので正直読めません。

 

一応、iPhoneの機種毎の発売時期が以下です。

機種 発売時期 サポート終了時期 サポート期間
iPhone13/Pro/Min 2021/9
iPhone12/Pro/Min 2020/10
iPhone11/Pro 2019/9
iPhoneXS/XR 2018/9
iPhoneX 2017/11
iPhone8/Plus 2017/9
iPhone7/Plus 2016/9 iPhone6s/Plusが終了して2年後くらい??
iPhone6s/Plus 2015/9 いつ終了してもおかしくない?? 7年目突入
iPhone6/Plus 2014/9 2019/9 5年間

iPhone6s/Plusはもうそろそろサポート終了してもおかしくないのと、

iPhone7/Plusはあと2年はサポートされるだろうというのがよくある予想です。

(あくまで予想ですので確実ではありません、、、すみません。。公表されたら随時更新します)

 

型落ちしたiPhoneを購入する際に注意したいポイント

ここまで、iPoneの機種毎のサポートについて解説してきたので、

改めて書く必要もないかもしれませんが。。。

 

型落ちしたiPhoneを購入する際には、

「安い」「スペックが良い」ということだけで判断せず、

iPhoneの利用想定期間と、機種のサポート期間も考慮するように注意してください!!!

 

例えば、2022年現在で3年くらい利用する想定でiPhone6sを購入するのは、

サポートがそろそろ切れることが予想されるのでやめた方がいいかなぁと思います。

 

2022年1月現在に型落ちしたiPhoneを購入する場合、

僕なら最低でもiPhone7以降の機種を購入します。

 

まとめ

今回はiPhoneの型落ち機種を購入する際の注意点について僕の視点で解説しました。

ポイントとしてはこれらを押さえておいて頂ければと。

  • サポートが切れた型落ち機種を利用し続けると脆弱性が公開されており、悪い人が攻撃するハードルが低く危険
  • 型落ちしたiPhoneの利用想定期間とサポート終了想定時期を考慮してiPhoneを購入する

 

 

iPhoneを購入する際、他にもお気に入りのアプリが対応している機種か??とか赤ロムじゃないか??とか色々あるそうで、

気になる人はこの辺りも参考にしてみることをおすすめします。

>>【必見】中古iPhone 購入方法と知っておきたい注意点3つ

 

身の回りの色々なモノがインターネットと繋がり、その分攻撃を受けるシーンも多々あります。

特にスマホには重要な情報を入れている方も多く、攻撃されるとダメージも大きいです。

 

今回の記事を参考に、

セキュリティに対しての意識を高めて、トラブルが発生する確率を少しでも減らして頂ければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください