Spring Boot開発環境構築手順(for Mac)

今回はAngular開発環境構築手順(for Windows)についてまとめました。

Spring Boot開発環境構築手順

本記事ではSpring Boot開発環境をMacに構築する手順についてまとめています。  

Spring Bootを利用すればRest API作成が簡単

僕はJavaを普段の仕事でよく利用しているのですが、今までSpringをフレームワークとして利用したことはありませんでした。  

勉強のつもりでSpringを使ってRest APIを作成してみようと、いろいろ調べてみると、簡単にRest APIが作れるSpring Bootを見つけました。 調べてみているとなかなか面白そうなので、 お試しでSpring Bootを利用してRest APIを作ってみることに。。。

最終的にはバックエンドの処理をSpring Bootで作成して、SPAを作成するところまで簡単なサンプルプログラムを作成してみて、Spring Bootがどれほど使い易いか体験しみようと思います。

環境構築対象

OS:OS X 10.11 El Capitan

環境構築手順

手順は以下です。

  1. 『Java SE 8』インストール
  2. 『Spring Tool Suite』インストール

1.『Java SE 8』インストール

JDKをダウンロードします。

>>Java SEダウンロードページ

ダウンロードした「jdk-8u 131-macosx-x64.dmg」をダブルクリックします。 ダイアログが開いたらインストールを進めて行きます。

ターミナルから以下のコマンドでjdkが正常にインストールできたか確認します。

command
$ javac -version
javac 1.8.0_131

バージョンが確認できれば『Java SE 8』のインストールは完了です。    

2.『Spring Tool Suite』インストール

IDE(STS)をダウンロードします。

>>STSのダウンロードページ

ダウンロードした「spring-tool-suite-3.8.4.RELEASE-e4.6.3-macosx-cocoa-x86_64.tar.gz」 を展開し、STSをダブルクリックします。

ワークスペースを設定します。

上の画面が開けたらSpring Boot開発環境の構築は完了です。

環境構築ができたら次はSpring Bootのサンプルプログラムを作成してHello Worldしてみてください。

>>Spring BootでHello Worldしてみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください