会話できるチャットボットをWatson AssistantとLINE BOTで作る

会話できるチャットボットをWatson AssistantとLINE BOTを連携させて作る方法についてまとめました。

最終的にはこのような会話ができるBOTを作成します。

 

 

Watson AssistantとLINE BOTとの連携イメージ

 

 

Watson Cloud設定手順

 

 

Watson Cloud側の設定として以下を行います。

  • IBM Cloudアカウント作成
  • Watson Assistantの作成
  • Watson Assistant Skillsの作成
  • Node-REDの作成

 

1.IBM Cloudアカウント作成

IBM Cloudにアクセスしてアカウント作成を行います。

 

 

 

 

 

 

登録したメールアドレスを確認します。

 

 

 

 

 

ログインできればIBM Cloudアカウント作成完了です。

 

2.Watson Assistantの作成

ログインできたら次はWatson Assistantを作成します。

 

 

 

価格プランは一先ず「ライト」で、デプロイする地域/ロケーションの選択は「ダラス」とします。

 

 

Watson Assistantが起動できれば完了です。

 

3.Watson Assistant Skillsの作成

Watson Assistantが起動したら、Skillsを作成します。

 

 

 

 

Skillは以下のGitHubからcatbot.jsonをダウンロードしてインポートして下さい。

GitHub -taijihagino/chatbot-lineapi-watsonapi

 

 

 

4.Node-REDの作成

Skillがインポートできたら、IBM Cloudに戻ってNode-REDを作成します。

 

 

項目を入力してアプリを作成します。

ホスト名とドメインはLINE BOTの接続先として設定するので控えておいて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

登録したアカウントでログインします。

 

 

 

 

フローは以下のGitHubからworkspace-4f12f1bc-fb3c-47db-bca4-a0d32d18d1aa.jsonをダウンロードして貼り付けて読み込んで下さい。

GitHub -taijihagino/chatbot-lineapi-watsonapi

 

 

 

 

Workspace IDを確認します。

 

 

確認したWorkspace IDを設定します。

 

 

以上でWatson Cloudの設定は完了です。

 

 

LINE BOT設定手順

 

 

LINE BOT環境構築に関する詳細な手順は、以下の環境構築手順にまとめてありますので参照ください。

HerokuとLINE BOTでチャットボットを作る

 

 

環境構築手順が完了したら、

控えておいたホスト名とドメインをLine DevelopersのWeb hook URLに設定します。

 

最後にLINE Developersのアクセストークン(ロングターム)をNode REDに設定します。

 

 

 

以上でLINE BOTの設定は完了です。

 

 

以下のようなLINEができるはずです。

お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください